参考:税理士の選び方

税理士の選びのポイントです。

税理士事務所は近いほうがいい?
事務所やご自宅の近くに税理士事務所があったほうが、税理士に直接会える回数は多くなります。
メールやSNSなどでやりとりする時代となっても、やっぱり重要な相談相手の顔は見たいもの。
不安だし普段から直接会って相談したいなら、近くの税理士事務所から探してみてください。
普段は電話やメールなどの対応でOKなら近くにこだわる必要はありません。
適切な料金設定か?
税理士事務所の広告で「決算料○千円~」というのをよく見かけます。
格安に見えますが必要なサービスをわざと外しているような気がします。
他の事務所と比較してもトータルではそんなに変わらなかったり、逆に割高になっていることも少なくありません。
契約する前にサービスの内容をよく確認してください。
税理士に「必要なサービスはこれで全部ですか?」「これ以外に料金はかかりませんか?」と確認することも重要です。
税理士との相性は?
抽象的ですが一番重要かもしれません。基本的に税理士との付き合いは長くなりますので、性格的にあわない税理士を選んでしまうと相談のたびにつらい思いをすることになります。
実際に税理士に会って話をしてみて、気軽に相談できないなと思ったらやめたほうがいいでしょう。
他人が勧めても自分には合わない場合もあります。
注意した方がいい税理士は?
税理士の変更をご検討の方はご参考までに。

  • 質問の回答があいまい。回答が遅すぎる。
  • サービスに対して料金が割高。不明瞭。
  • 申告ミスが多発する。
  • 書類の提出を忘れる。
  • 有効な節税対策があったのにアドバイスがなかった。
  • 多額の納税があることを申告の直前になって連絡してきた。
  • 税理士が来てくれる約束なのに来てくれない。
  • 試算表や決算書の説明がない。説明がわかりにくい。
  • 税務調査時の対応が悪い。納税者の立場で主張してくれない。

ちなみに当事務所ではこのようなことはありませんのでご安心ください。

お問い合わせはこちら

ホームにもどる